皆さんが忘れがちな点を素人なりにがんばって文章化し、記事にしてみました。

知人に教えたくなる情報を小出しに記載。虫歯を防ぐ理由をテーマにした記事。

まず忘れてはならない必須知識をネットを参考に向き合っているサイトです。

虫歯を防ぐ理由

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができると言われています。一つはキシリトールだけでなく他の糖アルコールが持つ作用(非特異的作用)であり、もう一つはキシリトールだけが持つ作用(特異的作用)です。それぞれ説明します。非特異的としては、虫歯予防に効いているのが、唾液分泌の促進と再石灰化作用です。キシリトールは砂糖と同じ甘味を持つため、口腔内に入れると味覚が刺激され唾液分泌を促進します。また、ガムに入れた場合には咀嚼により唾液分泌が促進していきます。ただし、唾液分泌を促進しても、唾液には残念ながらミュータンス菌(むし歯菌)の数を減少させる効果はないのです。しかし、キシリトールによりプラーク中のカルシウムレベルが上がるので、再石灰化に役立っています。さらに、キシリトールとカルシウムの複合体は歯硬組中に進入し再石灰化を促進し、歯を硬くすると言われています。

次に、特異的なものとして、非酸産生、プラークの質・量の変化、ミュータンス菌への影響などがをあげることができます。非酸生産に関して、ソルビトールやマルチトールなど多くの糖アルコールは、少ない量ではありますが口腔常在菌によって酸を作り働きをします。キシリトールは、口腔常在菌が利用できないため、まったく酸を作ることはありません。プラークに関しては、プラーク(歯垢)中に存在するショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、プラーク中で酸が出来難くするだけでなく、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進する働きが、キシリトールにはあることが分かっています。ミュータンス菌への影響は非常に独特なもので、この作用を理解するとキシリトールを使いやすくなります。"

Copyright © 歯に関する基礎知識 All Rights Reserved.