皆さんが忘れがちな点を素人なりにがんばって文章化し、記事にしてみました。

知人に教えたくなる情報を小出しに記載。虫歯とキシリトールの関係をテーマにした記事。

皆さんが忘れがちな点を一覧形式でしっかりと文章にしてみました。

虫歯とキシリトールの関係

地球上には虫歯の原因にならない甘味料が数多く存在します。糖やアルコールはその代表なものであり、基本的に全ての糖やアルコールはむし歯の原因になることはありません。しかし「むし歯の原因にならない」ことと「むし歯の発生を防ぐ」ことは、全く意味が異なります。キシリトールには虫歯にならないためのさらなる効果があります。

「むし歯の原因にならない」効果としては、

・プラーク中のPHを5.7以下に下げない

・う触の減委となる酸の生産が無い

・唾液の分泌を促す

があげられます。これは糖やアルコール類全てに共通する性質です。

キシリトールならではの「むし歯の発生を防ぐ」性質は下記です。

・ミュータンス菌の増殖を防ぎ、う触原生が少ない最近の形成を促す

・プラークの量と付着性を減少させる

・脱灰を防ぎ、再石灰化を促進させる。

むし歯の発生を防ぐ(むし歯予防)効果の最終的な判断をするためには、長期的な臨床研究で証明をしなければなりません。すなわち、「何故むし歯の原因となる歯垢や酸を作らないのか?」「歯の再石灰化を促進するのか?」などを明らかにするだけではだめで、その材料を使ったグループは使わなかったグループに比較して、むし歯の発生が少なかったことを証明することが必要となります。

Copyright © 虫歯とキシリトールの関係@歯に関する基礎知識 All Rights Reserved.